治験業界で働く看護師の仕事内容

看護師の中には、治験業界で活躍している看護師もいます。最近では、看護師としての知識・経験を活かして治験業界へ転職する方も増えてきているのだそうです。治験業界での仕事は新薬の開発に携わる仕事なので、看護師としてはとてもやりがいのある仕事なのではないでしょうか。

 

治験業界で働く看護師の仕事は2種類に分けられるのですが、CRCと呼ばれる治験コーディネーターの仕事とCRAと呼ばれる臨床開発モニターの仕事です。CRCとして働く看護師は、患者さんに治験に関する説明を行い、スケジュール管理やデータの収集を行います。CRAとして働く看護師は、治験を行う医療機関・治験担当の医師を訪問し、治験が適正に行われているかを管理します。

 

治験業界で働くと言っても、どちらの仕事に就くかにより仕事内容が大きく異なります。ですが、どちらの仕事も医療の専門的な知識が求められますので、治験業界は看護師を優遇しているのだそうです。実際に多くの看護師が活躍していて、治験業界で働く看護師の40%が病院での勤務経験がある看護師と言われています。

 

産業看護師として治験業界で働く際に、未経験でもOKという求人を出している企業も多いため未経験の方でも活躍することのできる治験業界です。